GLGC  酵素セミナーについて・・・。

こんにちは。

27TH ANIVERSARYのご案内にGLGCのスケジュールを載せた所かなりの関心のあるお問合せを頂きました。

 

今、美と健康で酵素と乳酸菌がすごく注目されています。

既成の酵素ドリンクと自分たちで作る酵素では生菌の効果にかなりの差があります。

今回は自分の体をまず健康にする為まず取り上げたのが酵素です。思ってる以上に大切な酵素を理解して頂いて是非ご参加くださいませ。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お問合せを多数頂きました。

ダイエットなどで話題の「酵素」、何となく体に良いことはわかるのですが…どういうものでしょうか?

■酵素とは何か

酵素は食べ物の消化を始め、皮膚の新陳代謝、血液の循環など体のあらゆる働きに関わっています。酵素が不足すると、すぐに体調に現れます。やる気が起きない、消化不良、肌の不調なども酵素不足が原因の可能性があります。健康的で若々しい生活のためにも、酵素は重要な鍵を握っています。普段の食事で取る栄養も、それだけでは体の中できちんと働きません。酵素があって初めて栄養がエネルギーに変わるのです。酵素が無くなれば、栄養がエネルギーに変わることが出来なくなります。酵素は生命活動を司る、重要な中継点であり、司令塔でもあります。

酵素の3つの種類


1消化酵素とは(潜在酵素)

消化酵素はその名の通り食べたものを体が吸収しやすいように消化するためのもの。たとえば、ご飯などに含まれるデンプンを分解するのはアミラーゼ、肉などのたんぱく質の分解はプロテアーゼ、脂肪の分解にはリパーゼという酵素が働いています。これら消化酵素の働きにより、分解された栄養素は小腸で吸収され、体のためのエネルギーとなります。

2代謝酵素とは(潜在酵素)

消化酵素によって栄養素がエネルギーになったら、それを体の中で働かせるのが代謝酵素です。運動、呼吸、脳での思考、老廃物の排出、ウィルスと戦う、肌の新陳代謝など、人間の生命活動のあらゆるシーンで無数の代謝酵素が働いています。

※消化酵素を使いすぎると、代わりに代謝酵素が不足してしまいます。体内酵素という大元の酵素が、消化と代謝という2種類の酵素の素となっていると考えられています。それぞれの素となる体内酵素の量は決まっていて、消化が忙しくなれば代謝酵素は減少し、病気などで代謝酵素が消費されれば消化にまわる体内酵素は減少します。食べ過ぎたり、消化の悪い焼き肉や揚げ物などばかり食べていると、消化酵素が大量に消費され、代謝酵素が減り、お肌の調子や胃腸の調子が悪くなったりしますし、風邪をひくと食欲が落ちるのは、代謝酵素が病気と闘うためにたくさん使われ、その分消化酵素が減るからだと考えられています。

3食物酵素とは

健康のためには消化酵素を節約し、代謝酵素の量を増やすことと、代謝酵素の働きをサポートする栄養素が必要です。そのためには、「食物酵素」の力を借りることが大切です。新鮮な生の野菜や果物・お刺身、また納豆や味噌などの発酵食品に含まれる食物酵素は、消化を助け、体内の消化酵素の無駄遣いに歯止めをかけてくれます。例えば焼き魚に付いている大根おろしは、一緒に食べると食物酵素として消化を助けてくれます。 消化酵素が節約されれば、その分、代謝酵素に余裕ができ、新陳代謝や病気の予防、解毒といった営みが活発になります。血液の流れが良くなることで胃腸の調子が良くなったり、肌トラブルの改善、代謝力のアップでやせやすくなるなど体が好循環になります。

今回は、この酵素作りに挑戦しますよ♪ お楽しみに!!

 

Category Blog